毛穴が原因のニキビをケアする方法

毛穴が原因のニキビをケアする方法

49view

ニキビのケアをする際にはまずニキビが出る原因を知らなければなりません。

肌は毛穴から汗や必要なくなった老廃物を排出しています。

そこへ皮脂が詰まってしまうと上手に出すことができなくなり、いつまでもそこに居続けてしまいます。

これがニキビの初期段階ですが、そこへ菌が組み合わさると炎症へと発展してしまうため、早期のケアが必要です。

このようにニキビとは例外なく皮脂が関係しているもので、ケアの基本は皮脂を落とす予防になります。

皮脂は水では落ちづらいため、必ずケアアイテムを使用する必要があります。

市販されている製品には多種多様なものがありますが、ニキビ対策の面だけで見れば一定の洗浄力と保湿成分が入っていれば十分でしょう。

ただ肌に刺激を与える成分が入っていないかどうかは確認してください。

その点を特に注意したニキビケア専用に作られたものもあります。

また皮脂が原因だからと言って、全て取り除けば良いかと言えばそういうわけではありません。

皮脂は元々皮膚を乾燥などから守ってくれる役割を持っているため、その機能を全て損なうことになってしまいます。

さらに肌が乾燥でダメージを受けると、身体は皮脂の量が足りないと判断して、量を多くしてしまうという逆効果になりかねません。

あくまでケアで落とすべきなのは余分な皮脂であって、適度に残す必要があります。

なので強力すぎる洗浄力を持っているアイテムを使用したり、頻度が高すぎる洗顔はかえって良くありません。

一日の間に洗浄を行なう回数をある程度決定しておくと良いでしょう。

そして皮脂の代わりに肌を守ってくれる保湿成分やバリア機能を伴ったケアアイテムを使用して、別方向のアプローチから皮脂が出る量を抑えるのも効果的です。

市販されている製品の中には、毛穴の中まで洗浄できることを謳ったものもありますが、毛穴はある程度身体を校正する成分が合った方が良いです。

このような製品も謳い文句と実際の強さがどれほど違うのかを、自身の手で少しずつ試してみると良いでしょう。

また皮脂はホルモンの影響も関係しています。

女性の身体の中にも男性ホルモンは少なからず発生していて、量が女性ホルモンより大きく上回ると皮脂が多くなります。

特に女性ホルモンのバランスは乱れやすいため、劣勢になることもよくあります。

なのでホルモンバランスを整えることもニキビケアに繋がります。具体的には専門家に処方してもらう薬を摂取する形です。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る