思春期の頃は発生しやすい、ニキビケア対策の具体例

思春期の頃は発生しやすい、ニキビケア対策の具体例

53view

俗に思春期とは呼ばれる時代が人にはあります。

反抗期とも呼ばれる子どもから大人へと成長する丁度中間地点のような時期です。

個人差はありますが、中学生から高校生の時期に差し当たる事が殆どです。

今までは仲良く接していた父親や母親と、特に理由もなく距離を置いてしまったり、それまでは普通にコミュニケーションが取れた男子と話せなくなったり、関心があまりなかった恋愛や大人の世界に興味がわくなど、思春期の頃はメンタルに色々な変化が出ます。

そして男女共に思春期の頃は身体が児童から成人へと劇的に変化する時期であり、その急速な成長に本人が一番戸惑うものです。

女性の場合、突然乳房が成長したり、女性らしい体つきになったり、バイオリズムが激しく変わるようになったりと、メンタル以上にフィジカルの変化に戸惑う事があります。

個人差はありますが、思春期の頃は普通に食事を食べるだけで妙に脂肪がついてしまったり、ニキビが沢山出やすくなったりと、女性の心を少し傷つける体の変化も見られます。

特に顔に沢山のニキビが出ると、それだけで学校に行くのが嫌になります。

好きな異性や仲良しの友達に、顔に出来たニキビを指摘されたら恥ずかしい、悲しい思いをする、こういったネガティブな感情から学校を休んでしまったり、友達との交流をやめてしまう方々もいらっしゃいます。

大人のニキビはストレスや悪い生活習慣によって引き起こされます。

一方で思春期の女子のものはあくまで体の成長の弊害です。

いわゆる真面目で健康的なライフスタイルを心がけていても、中学から高校生の時期は自然発生しやすいのがネックです。

発生自体は対策が出来なくても、ニキビを目立たなくする、あるいは素早くケアする方法はあります。

月並みですが、対策用のフェイスクリームがオススメです。

毎日専用のフェイスクリームでケアを施す事で、発生した物を悪化させず、また無駄に増える事を予防出来ます。

ケアに掛かる手間もお金も最小限です。

個人的に取り組めるケアの方法であり、自宅で女子一人で出来るため、ナイーブな時期でも安心です。

若い男女はニキビが出て当然ですが、ニキビは夜更かしや不摂生な食事によって悪化しやすいのは確かですので、ケアの方法として規則正しい生活は意識しましょう。

睡眠時間を無駄に削ってスマートフォンを操作したり、ジャンクフードばかりを食べる暮らしをしていては、みすみすニキビのリスクを自分で増やすだけです。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る