ニキビのケアって大切ですよね…?!適切なケアをしないと、みにくいニキビ痕ができて、一生付き合うはめに…。では、どんなケアがいいのですか?おすすめの化粧品はどれですか?

こんな深刻なニキビの悩みを解消するために、安全で、よく効く化粧品を調べてみました!

肌のトラブルは、その症状によっていいろいろあります。

とりわけ、ニキビで悩んでいるヒトは、たくさんいます。

これは、10代の思春期から、働き盛りの大人にいたるまで、かなりの範囲の年齢層に至ります。

えっ!あなたも、そのひとりですか?

でも、心配はいりません。適切にケアすれば、悩みをなくすことは可能ですので…。

この、「適切なケア」、これが大切なポイントとなります。

ニキビは何故できるのでしょう?

では、ニキビ解消のためには、まず、できる原因を知らなくてはなりません。

青春のシンボルともいわれる思春期のニキビも、成人した後にできるいわゆる「大人ニキビ」も、できる原因は同じなのです。

ニキビは、毛穴に皮脂が詰まってできるのですが、しかし、10代のニキビと大人のニキビでは、その詰まる要因に違いがあるといわれています。

まぁ、実際のところは、要因は複雑で、これだ!と一つを特定することはできないといいますが、…。

10代のニキビの一番大きな要因は、皮脂分泌の過剰です。

思春期は性線が活発になり、男性ホルモンが皮脂腺を刺激して過剰な皮脂を分泌し、それが毛穴に詰まって、アクネ菌が増殖して炎症を起こし、ニキビとなります。

では、おとなのニキビの一番の要因はといいますと、「ホルモンバランスの乱れ」です。

つまり、睡眠不足、ストレス、偏った食生活、など…。これによってホルモンバランスが崩れてきて、結果、ターンオーバー(肌の新陳代謝)がみだれてきます。このため、古い角質が肌に残って厚くなり、毛穴を詰まらせてニキビとなります。

また、10代、大人、と共通する原因として、自分の肌を脂性肌と思い込み、保湿を怠ったために皮脂が過剰に分泌され、毛穴に詰まってニキビが出来るケースも多く見られるといわれます。

ニキビの種類と特長にはいろいろなものがあります。

ニキビの種類と特長はさまざまで、白ニキビや赤ニキビ、黒ニキビや黄色ニキビなどがあります。


白ニキビは初期段階の状態のことで、顔の毛穴につまった皮脂や老廃物などが毛穴の内側に盛り上がっている状態です。

この段階できちんとケアをすると、炎症を伴うような赤ニキビや黄ニキビなどへの進行を予防することができたり、ニキビ跡などの状態を防ぐこともできます。

白ニキビは炎症を起こす前の状態で、かゆみや痛みなどがほとんどないですが、そのまま放置したり、不衛生な状態を続けていると、次第に炎症を起こし赤ニキビに進行します。

白ニキビは額や口まわりなどにできやすく、大人のニキビとしても有名です。


皮脂分泌量が多い人や、乾燥してしてかえって皮脂が出やすい人の場合、二の腕や背中などに発生することもあり、背中にあるニキビは気づきにくいので対処が遅くなってしまうので注意が必要です。

背中のニキビは身体を洗う時や、布地による摩擦などによって悪化しやすいので赤ニキビに進行する可能性が高いでしょう。赤ニキビに進行してしまう前に、早く治療しておくことが大切です。


赤ニキビは白ニキビが赤くなったもので、原因として皮脂の過剰分泌だとされています。

皮脂はお肌に潤いを与えたり、外部からのホコリや細菌・ウィルスなどが入らないよう防御する役目があります。

皮脂の量が少な過ぎると、お肌が乾燥してしまいお肌の防御機能が失われることによって、シミやシワなどさまざまな悪影響が出てしまいます。

過剰に分泌されると、毛穴が詰まり、詰まった皮脂を栄養素としてアクネ菌が増殖し、大量に増えたアクネ菌によって皮膚組織が刺激され炎症を起こし、これが赤ニキビになります。

不規則な生活が原因だったり、脂っこい物を食べ過ぎると発生することがあるので、規則正しい生活を過ごしていると、皮脂の過剰分泌は起こらないので生活習慣を見直す必要があるでしょう。

過度に洗顔を行うと発生することがあり、お肌の防御機能が作用し皮脂を分泌してしまうこともあるので、適度な洗顔が大事です。

ニキビケアのポイントは何でしょう?

このように、なかなか厄介なニキビですが、では、どうやってケアをすればいいのでしょうか?

当然、10代のニキビと、大人のニキビでは、そのケアの仕方も違ってきます。

まず、10代のニキビのケアで大事なことは、●洗顔をしっかりとして清潔を保つ、●油分を控えた手入れをする…これで、普通は改善が見られます。問題は、できたニキビをいじくって悪化させ、ニキビ痕を作らないことです。

そして、大人ニキビのケアですが、10代のニキビと違って要因が複雑ですので、なかなか治りにくいというのが特徴です。

10代と同じようなケアでは、悪化することが多く、また、他の肌トラブルを招く結果ともなります。

もちろん、肌を清潔に保つことは大事ですが、それだけでは充分ではありません。肌に残った古い角質を取り除いて、ターンオーバーを正常にする角質ケアが重要となります。

さらに、角質の機能を低下させる肌の乾燥を避け、充分な保湿を心がける必要があります。

ニキビの種類別の改善策、白から紫まで…

一言に「ニキビ」と言っても、ニキビには段階で分けられる種類があり、治すためにはそれぞれのニキビの種類別の改善策が必要となります。

ニキビは男性ホルモンが多くなると生まれ、毛穴に角栓や皮脂が詰まりやすくなることから発生します。


ニキビは一般的に色で区別され、目視できる初期段階のニキビは白ニキビと呼ばれます。

最もメジャーなニキビですが、この状態環境のまま放っておくと炎症が酷くなり、より見た目に影響を与えるニキビへと進んでゆくので早めの対処が必要です。


ニキビの治療法には面ぽう圧出というものがあります。

針やレーザーなどで詰まっている膿そのものを掻き出してしまうものです。

爪などで適当にニキビを潰すことも一応面ぽう圧出に分類されますが、雑菌が入り込むなどして悪化する恐れがあるためおすすめできません。

医療機関でしっかりした処置を受けましょう。

この面ぽう圧出は白ニキビに効果的です。


また、黒ニキビも面ぽう圧出によって治療できます。

黒ニキビとは、皮脂が空気に触れることによって黒く酸化してしまったもののことを指します。

ポジションとしては白ニキビとあまり変わらない初期段階のものとして扱われます。


白ニキビが進行すると、ニキビの周りが赤く腫れる赤ニキビ状態になります。

膿だけでなく炎症が伴うので、正しい治療には面ぽう圧出だけでなく抗炎症剤の使用による治療が必要となってきます。


さらに進行すると、赤ニキビの中に膿が顔を見せる黄色ニキビというものになります。

この状態は膿が簡単に目視でき、すぐに取り出せてしまいそうな見た目をしていますが、そうしてしまうと跡が残る確率が非常に高くなります。

跡が残らないようにするにはお医者さんの力を借りた方が良いです。


赤ニキビ、黄色ニキビからその次の段階、紫ニキビになってしまうと、必ず跡が残ってしまうと言っても過言ではない状態です。

赤や黄色より力を入れた治療が必要ですが、できれば紫ニキビになってしまう前に炎症を抑える努力をした方が賢明です。


また、思春期ニキビと呼ばれるものはこれらのニキビとは違い、毛穴が未成熟であり、皮脂が多く出やすい年頃であるために起こります。

あくまでも成長の過程として起こるものなので大人に起こるニキビのように根絶しようとする必要はありませんが、炎症が酷くなって赤くなることは防いだ方が良いです。

また、ニキビによって広がった毛穴を無理にケアしようとすると後々の跡が残る原因となるので、余分な皮脂を落とす程度の処置が望ましいです。

ニキビケアに効果的な化粧品を選ぶにはどうしたらいいのでしょう?

ニキビをできにくくするためには、毎日欠かさず洗顔をすることなどが必要にもなってきます。

ですが、生まれつきの肌質によってこまめに肌ケアをしていてもニキビができてしまうことというのはあるものです。

ですから、ニキビができやすい人は、毎日の洗顔プラスニキビケアになる化粧品を使っていくと良いでしょう。

そうすることによって、ニキビができにくくなったり、万が一できてしまったとしても被害を拡大させるようなこともなくて良いでしょう。


ニキビケア用の化粧品というのは通販などでもとても多く販売されているので、できるだけ長く販売されていて、評価も良さそうなものを選んでいくと良いです。

ニキビケア用の化粧品も、どんなに良いものでもすぐに結果が出るというようなことは少ないですから、長く使い続けている人の評価や口コミというのがとても大事になってくるものです。

販売年数や販売数が少ない化粧品であれば使っている人もまだ少ないことから、評価や口コミの情報なども少ないですが、ロングセラー商品であれば色々な人の口コミや情報なども得ることができて良いものです。


また、海外製品も安易に使うには注意が必要です。

ニキビケアとして知名度の高い化粧品は、国内のものだけでなく海外のものでもいくつかありますが、日本人の肌にはあわないということもあるので、国産のもので安全に使えるものであるかどうかも選ぶポイントになってきます。

輸入品で取り寄せも面倒なものであれば、今使っているものがなくなって次の商品が届くまでに時間がかかってしまうというようなこともあるので、スムーズに取り寄せができるかどうかということも選ぶポイントにしてみると良いです。


また、ニキビができているとそれほど刺激が強くない化粧品であっても肌に沁みてしまって赤くなってしまうということもあるので、少し使って沁みたり痛みを感じるようなことがあるのであれば、低刺激であることを一番の売りにしているものや、少量でも充分潤う高保湿のものを見つけてみましょう。

ニキビができてしまう原因は人それぞれですが、大人ニキビの場合は保湿が足りていないことでニキビができているということも多いので、乾燥を感じることが多い人であればニキビ対策のために保湿成分にこだわってみても良いでしょう。

また、大人ニキビのケアで有効だといわれているものに、ビタミンC誘導体というものがあります。

この成分は、毛穴の中の活性酸素を抑えて皮脂の酸化を防いでくれます。

さらに、皮脂を抑えたり、色素沈着を薄めたりする効能がありますので、ニキビのケアにな比較的有効だといえます。

ビタミンC誘導体は、水溶性ですので、ビタミンC誘導体を配合した化粧水が、肌への浸透を高めてくれます。

いずれにせよ、大人のニキビは複雑で治りにくいのが特徴ですので、自分のニキビの性質に合ったケアが必要となります。

家庭でできる適切な自分なりのニキビのケアに加え、自分のニキビのケアに効果が期待できる化粧品でケアすることをオススメします。

でも、どんな化粧品を使ってケアすればいいのか…なかなか難しい問題です。

そこで、当サイトでは、独自にさまざまなニキビケア化粧品を調べてみました。そして、そのなかから、実際の体験談や口コミ、レビュー、モニター調査、リピート率、売れ筋情報などをもとに、おすすめの人気商品をランキングしてみました。

年代別のニキビの特徴-思春期のケア方法とは

677view

2018.11.01

ほとんどの人は、中学校や高校生の思春期の頃にニキビに悩まされます。

一般的にニキビは皮脂や肌に付着した汚れが原因でできると考えられていますが、思春期の場合は事情が異なります。

思春期にできるニキビの特徴は、13~17歳の間に分泌のピークを迎える成長ホルモンの影響で起こることです。

成長ホルモンは骨格や筋肉を成長させる働きがありますが、皮脂の分泌を活発にするという特徴もあります。

皮脂が過剰に分泌されることで、顔などにニキビができてしまうのです。

 

ニキビケアのためには不必要な皮脂を洗い落とすことが大切ですが、過剰に洗顔をすると肌を守るために必要な皮脂が失われてしまいます。

皮脂が失われてしまった肌は乾燥してしまい、肌荒れの原因になります。

肌荒れで皮膚が刺激を受けてると、肌を守るために更に多くの皮脂が分泌されてしまいます。

肌荒れを防ぐためには、洗顔後の保湿を欠かさないようにすることが大切です。

思春期の子供のニキビケアは、適度に皮脂を洗い落とす事と洗顔後の保湿がポイントと言えます。

実はニキビは、単に肌に皮脂が分泌されるだけでできてしまう訳ではありません。

顔の肌に過剰に分泌された皮脂が毛穴に詰まり、毛穴の中でアクネ菌が増殖して皮膚が炎症を起こすことが本当の原因です。

毛穴の中に皮脂を溜めないようにすることも大切ですが、アクネ菌の増殖を防ぐことも必要です。

 

思春期のニキビを予防するためには洗顔の際に適度に皮脂を洗い落として保湿ケアをすることに加えて、炎症の原因となるアクネ菌の繁殖を防ぐために常に肌を清潔に保つことも大切です。

十代の子供であれば、肌の刺激が少ない洗顔料を利用してケアをすると良いでしょう。

一部の洗顔料は洗浄効果を高める目的でスクラブが含まれています。

スクラブ入りだと肌に対する刺激が強くなってしまうので、スクラブなしの洗顔料を使用しましょう。

専用の治療薬を利用して、肌荒れや炎症を予防をする方法もあります。

入浴後などに治療薬(クリーム)を顔に塗ることで保湿ケアして肌荒れを防ぐことができますし、殺菌成分によってアクネ菌の繁殖を防ぐことができるからです。

ニキビ治療薬の多くは市販薬で、一般のドラッグストアで購入することができます。

ニキビケア用の治療薬は手軽に購入して使用することができますが、稀に肌に合わないなどの副作用が起こる場合があります。

初めて利用する場合には最初に少量を使用してみて、問題がなければ使用を続けることができます。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る