年代別のニキビの特徴-思春期のケア方法とは

年代別のニキビの特徴-思春期のケア方法とは

45view

ほとんどの人は、中学校や高校生の思春期の頃にニキビに悩まされます。

一般的にニキビは皮脂や肌に付着した汚れが原因でできると考えられていますが、思春期の場合は事情が異なります。

思春期にできるニキビの特徴は、13~17歳の間に分泌のピークを迎える成長ホルモンの影響で起こることです。

成長ホルモンは骨格や筋肉を成長させる働きがありますが、皮脂の分泌を活発にするという特徴もあります。

皮脂が過剰に分泌されることで、顔などにニキビができてしまうのです。

 

ニキビケアのためには不必要な皮脂を洗い落とすことが大切ですが、過剰に洗顔をすると肌を守るために必要な皮脂が失われてしまいます。

皮脂が失われてしまった肌は乾燥してしまい、肌荒れの原因になります。

肌荒れで皮膚が刺激を受けてると、肌を守るために更に多くの皮脂が分泌されてしまいます。

肌荒れを防ぐためには、洗顔後の保湿を欠かさないようにすることが大切です。

思春期の子供のニキビケアは、適度に皮脂を洗い落とす事と洗顔後の保湿がポイントと言えます。

実はニキビは、単に肌に皮脂が分泌されるだけでできてしまう訳ではありません。

顔の肌に過剰に分泌された皮脂が毛穴に詰まり、毛穴の中でアクネ菌が増殖して皮膚が炎症を起こすことが本当の原因です。

毛穴の中に皮脂を溜めないようにすることも大切ですが、アクネ菌の増殖を防ぐことも必要です。

 

思春期のニキビを予防するためには洗顔の際に適度に皮脂を洗い落として保湿ケアをすることに加えて、炎症の原因となるアクネ菌の繁殖を防ぐために常に肌を清潔に保つことも大切です。

十代の子供であれば、肌の刺激が少ない洗顔料を利用してケアをすると良いでしょう。

一部の洗顔料は洗浄効果を高める目的でスクラブが含まれています。

スクラブ入りだと肌に対する刺激が強くなってしまうので、スクラブなしの洗顔料を使用しましょう。

専用の治療薬を利用して、肌荒れや炎症を予防をする方法もあります。

入浴後などに治療薬(クリーム)を顔に塗ることで保湿ケアして肌荒れを防ぐことができますし、殺菌成分によってアクネ菌の繁殖を防ぐことができるからです。

ニキビ治療薬の多くは市販薬で、一般のドラッグストアで購入することができます。

ニキビケア用の治療薬は手軽に購入して使用することができますが、稀に肌に合わないなどの副作用が起こる場合があります。

初めて利用する場合には最初に少量を使用してみて、問題がなければ使用を続けることができます。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る