メイクをしていても安心なニキビケア用品の選び方

メイクをしていても安心なニキビケア用品の選び方

49view

大人のニキビケアに一番重要なのはクレンジングです。

女性の場合、ニキビを少しでも隠すため以外にも、仕事がらメイクは必須の方も多いかと思われますが、その場合メイクの汚れをしっかり落とすようにクレンジング用品をしっかり選ぶ必要があります。

クレンジング用品の選び方として、ニキビケアのためには、オイルクレンジングよりも洗浄効果が劣るジェルやミルクなど毛穴の汚れや古い角質をしっかり落とす洗浄力のあるものがお勧めです。

僅かでも油分が残っていればアクネ菌が繁殖しやすくなる恐れがあるため、メイクの成分自体油分なので洗い残しをしないようにする事がとても重要となります。

洗顔料の選び方としては、合成界面活性剤が使われていないものを選ぶ事が重要となり、石鹸素地で造られた洗顔石鹸を利用する方も多いです、しかし、有効成分や美肌成分が配合されていない、洗浄成分自体が強すぎてしまう場合もありそういったものはなるべく避けたいものです。

大人ニキビの洗顔をする場合、皮脂汚れの強い洗浄成分などが入っているものはなるべく避けて、保湿成分も配合されたものを選ぶ事がケアには重要です。

抗炎症作用があるグリスチルリチン酸ジカリウムなどの有効成分が配合された医薬部外品の洗顔料も有効です。

ニキビケアには重要な保湿は化粧水選びも重要です。

刺激に敏感となっている肌には水分を与え大人ニキビのケアをしっかりしながらコンディションを整えてあがる必要があります。

植物由来の有効成分のグリチルリチン酸が入っているものは炎症を抑えてくれる作用があるので大人ニキビをケアしたい場合には役立ちます。

保湿成分としてはヒアルロン酸、コラーゲンあとセラミドといったものも欠かせません。

もともとこれらの保湿成分は肌にも存在しているうるおい成分なのでデリケートな敏感肌や乾燥肌の人でも安心して使えます。

気を付けたいこととしては、思春期の人のニキビケアに有効なビタミンC誘導体や収れん作用がある化粧水の場合は、乾燥が悪化してしまう事もあるため大人のためのものを選ぶ事が重要です。

化粧水を使った後は必ず乳液で適度な油分を与えるようにします。

大人のニキビケアにはたっぷりの水分と適度な油分によってバリア機能を高めて代謝が整うようにコンディションの良い状態を作る事が大切です。

選び方としては、水溶性のものを選ぶ事により、最低限の油分の他に潤い成分の保湿ケアも出来ます。

悪化させる皮脂詰まりを避けるには油分量が30%程度のものを選ぶことで解消できます。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る